商务日语 百分网手机站

日语写邮件注意点

时间:2017-06-13 商务日语 我要投稿

  下面本文将会介绍用日语写邮件时需要注意的细节,觉得对你有帮助的同学快快收藏起来吧。

商务日语

  ◆ふさわしくない宛名の例

  ◆举例说明:不合适的收件人姓名写法

  ○○社長様、○○社長殿

  「社長」や「部長」には敬称が含まれますので、「○○社長」でOK。もしくは、「社長の○○様」とするとよいでしょう。「殿」は目下の人に対する(上から目線な)敬称になるので注意。

  “社长”、“部长”的称呼已包含了敬意,因此只需写“xx社長”即可。或者写成“社長のxx様”也可以。“殿”是对比自己地位低的人使用的(自上而下的目光)敬语,这点一定要注意。

  ○○ご担当者様各位、ご担当各位様

  正しくは「ご担当各位」もしくは「ご担当者様」。「各位=みなさま」という意味の敬称で「様」が含まれています。このままだと「ご担当者様様」になってしまう。

  正确的是“ご担当各位”或“ご担当者様”,“各位=みなさま”此敬称已包含了“様”的意思。如上例所示便成了“ご担当者様様”。

  ○○部長様

  正しくは「○○部長」。「部長」などの役職名は敬称なので「様」は付けない。

  正确的是“xx部長”,“部長”等职位名已是敬称,不需要加“様”。

  ◆上から目線になる表現

  ◆会变成对后辈的表达方式

  目上の人に「了解」は不適切

  对地位比自己高的人回答“了解”不妥当

  正しくは「承知しました」。「了解しました」「了解いたしました」と書いても不適切ということ(尊敬の意味が含まれていない)。「かしこまりました」も同じように使える敬語としてOKです。

  正确的是“承知しました”。如果写成“了解しました、了解いたしました”也是不合适的(没有包含尊敬的意思)。同样使用敬语“かしこまりました”也可以。

  目上の人には「特に問題ありません」「別に構いません」は使わない

  对地位比自己高的人不能用“特に問題ありません、別に構いません”

  正しくは「そのまま進めていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。」

  正确的写法是“そのまま進めていただけたらと思います。よろしくお願いいたします。”

  「ご助言参考になりました」では感謝の気持ちが不十分

  写成“ご助言参考になりました”不能充分表达感谢的心情

  正しくは「勉強になりました」。このままだと「参考程度」とみなされるので注意。

  正确的是“勉強になりました”。如上例所示会被当作只是作为“参考意见”而已,一定要当心。

  「おわかりいただけましたでしょうか」は不適切

  使用“おわかりいただけましたでしょうか”不合适

  正しくは、「ご理解いだだけましたでしょうか」。目上の能力を試したり評価している印象を与えてしまう。

  正确的是“ご理解いだだけましたでしょうか”。否则会留下考验长辈、上司的能力、对他们作出评价的印象。

  「いつもお世話様です」は不適切

  “いつもお世話様です”的说法不妥当

  正しくは「いつもお世話になっております」。「お世話様」は取引先相手につかうと失礼になります。

  正确的是“いつもお世話になっております”。对客户使用“お世話様”是非常失礼的表达。

  ◆間違った重複表現の例

  ◆重复表达的错误举例

  「お体をご自愛くださいませ」

  正しくは「どうぞご自愛くださいませ」。「自愛」には「体を大事にする」という意味が含まれているので、「お体を」とすると重複表現になる。

  正确的是“どうぞご自愛くださいませ”。“自愛”本身包含了“保重身体”的意思,再加上“お体を”的话,意思就重复了。

  「お待たせ申しあげました」

  正しくは「お待たせいたしました」。謙譲の「お~いたします」ですむところを「申しあげます」を取り入れらところで二重敬語になっている。

  正确的是“お待たせいたしました”。谦让语“お~いたします”本可以完成所表达的意思,再加入“申しあげます”就成了双重敬语。

  「拝見させていただきました」

  正しくは「拝見いたしました(しました)」。「拝」にすでに敬語表現(謙譲)が含まれ、「いただきました」という敬語表現(謙譲)が使われている。

  正确的是“拝見いたしました(しました)。”“拝”字已经包含了敬语表达(谦让语),而“いただきました”也是用作谦让敬语表达的。

  「ご覧になられる」

  正しくは「ご覧になる」。「ご覧になる」は「ご~になる」で尊敬語なので、さらに「られる」を付けるのは間違い。

  正确的是“ご覧になる”。“ご~になる”是一种尊敬语,再加上“られる”的话就是错的了。

  「お越しになられる」

  正しくは「お越しになる」。「お越しになる」は「お~になる」で尊敬語で「られる」は必要ない。

  正确的是“お越しになる”。“お~になる”就是尊敬语,没必要变成“られる”。

  「おっしゃられる」