晩囂嬬薦深 為蛍利返字嫋

2017晩囂嬬薦深編匯雫堋響鹸楼編籾┯輯隶牽

扮寂2017-07-28 晩囂嬬薦深 厘勣誘後

  鹸楼編籾匯

  肝の猟嫗をんで、それぞれのいにする基えとして、恷も輝なものを1.2.3.4から匯つびなさい。

  雑のを宙き兵める、伉は鮫喘のように寔っ易でありたいと房っている。揖じ兆念がついている雑でも、よくると匯つ匯つが、繁のがうようにそれぞれの燕秤を隔っているからである。また、揖じ雑でも劾と帛とでは、ほんのわずか弼がわっている栽が謹い。

  いくられた雑でも、仝この雑はこういう侘をしているんだ。々などと、枠秘を隔ってき兵めると、抻┐砲修辰櫃鯱鬚れてしまうことがある。雑塁さんでは、きぎたものはり麗にならないようだけれど、きぎて監被や俛被がび竃したのも、にはっとするぐらい胆しい燕秤をせてくれることがある。雑びらが匯、屈旦鯛ちてしまったのも、恰が奮っているのも、( 據)と房う。きわって、雑びらが画弼くなってしまったのも´。それはして棒んだ雑ではなく、匯伏凋伏きて、書、をび兵めた恷も殆這らしい豚を哭えているのだと房う。

  で孵れてぶら和がっているのもあれば、押か採かで浴んでいているものある。晩鬚任ち爾いているのもあるが、功圷の圭では、嚏の晩に輿の柳ね卦りを鞭けて、院くなったのもある。そういうのをていると、繁の芙氏と揖じだなあと房ったりする。はしっこい繁もいれば、のんきな繁のいる。胆しい繁も、そうでない繁も、押の繁も、宗慎な繁も´。いろいろな繁がいる。

  しかし、暴徭附、仝あいつは、ああいう笛なんだ。々とほんのわずかしか岑らないうちにめ原けてしまうことが、( 曄)。雑の弼が匯晩にして晒するのだから、まして伉を隔っている繁をるとき、徭蛍のわずかなばかりでめつけてしまうのなんて、畠くっていると房う。

  ‐1/戞源┐砲修辰櫃鯱鬚れてしまう々とはどういうことか。

  1. 雑の鬚が宙いているにわってしまう。

  2. その雑の隔つ云輝の胆しさが竃せなくなってしまう。

  3. その雑を宙きたい隔ちがえてしまう。

  4. その雑を喘吭してくれた繁に、いやな隔ちを嚥えてしまう。

  ‐2/( 據)に秘る冱をべ。

  1. いいなあ               2. かわいそうだなあ

  3. 碧圭がないなあ            4. 是ったなあ

  ‐3/( 曄)に秘る冱をべ。

  1. よくないことだと岑っている。

  2. ないようにをつけている。

  3. なんと謹いのだろう。

  4. あるのだろうか。

  

  わずか‐険、侘/叙富;茶茶膿膿

  れる(みなれる)‐徭匯/心降心母

  枠秘(せんにゅうかん)‐兆/枠秘岻需撹需

  そっぽ‐兆/匯円都円

  監被(めしべ)‐兆/監被

  俛被(おしべ)‐兆/俛被

  び竃す(とびだす)‐徭励/敬軟;怒竃肇;融隼竃孱皇竃;竃恠坦隼宣肇

  はっと‐険/融隼;郭妾

  晩(ひなた)‐兆/鰕侃剩高孚欺議仇圭

  い(いきおい)‐険/米駅徭隼遇隼仇

  功圷(ねもと)‐兆/功坿

  柳ね卦る(はねかえる)‐徭励/柳指起指;散埔柳埔;郡狛栖唹

  歌深咎猟:

  胡蝕兵鮫雑扮奚錬李徭失議伉嬬効鮫崕匯劔準易涙荀。咀葎軸聞鮫揖劔匯嶽雑徙聾肇心耽倖繁脅馮傍珍赫姿嗤彭音喘議燕秤。遇拝軸聞頁猴議雑壼蛙才嶄怜載謹扮昨脅氏嗤裏虫議冲弼延晒。

  音砿頁謹担心降阻議雑^宸倖雑頁宸劔議侘彜 ̄揮彭宸劔議僉秘岻需栖鮫議三嗤扮雑匆氏音尖低。蝕狛議雑雑糾議析医頁音氏輝恬弁瞳壅沢議音狛蝕移阻議雑侭丹竃議監被才俛被嗤扮匆氏婢岾綜繁郭妾議胆。雑郁匯頭匯頭仇鯛和賜頁瓜恰徨郭渠匆氏嗤斑厘断状誼^寔挫亜 ̄議扮昨。軸聞蝕狛雑郁延撹画弼匆短嗤購狼。宸乂脅蒸音吭龍彭雑厮棒肇厘宜範葎万断壓適薦伏海嶮彈姥彭哭俊潤惚糞議恷共腹扮豚。

  匆嗤瓜欠患孵遇詰換議雑匆嗤賜俯頁咀押遇浴弍仇蝕彭議雑匆嗤鰕議鏑慧議雑万議功何喇噐嚏爺釣輿議郡起遇垉池佩壜。耽輝心欺宸乂厘祥襭採卉波棒猊膸痃科波膣飽 屡嗤字樗議繁匆嗤瀧拶議繁嗤胆議匆嗤鞄議嗤伏押議匆嗤宗慎議悳岻嗤光嶽光劔議繁。

  辛頁厘徭失頁壓掲械音阻盾議秤趨和祥音否蛍傍仇峺夭欺此按埜繁奕担頁椎劔匯倖社誌兔。 ̄宸劔議並秤頁採吉仇謹亜。雑議冲弼耽爺脅嗤延晒厚採趨嗤彭坪伉弊順議繁窃厘状誼真徭失議燃院議樫業栖峺夭艶繁頁頼畠危列議。

  諒籾1採綴侈甬週帳戞源匆氏音尖低々頁奕担指並?

  1、雑鰓攣羯豚寂延阻

  2、短嗤嬬校燕岾椎倖雑侭醤嗤議寔屎議胆

  3、誨鮫椎倖雑議伉秤短嗤阻

  4、公葎厘彈姥椎倖雑議繁音挫議伉秤

  基宛2

  盾裂差惻鞘葎仝いくられた雑でも、この雑はこういう侘をしているんだ。などと、枠秘を隔ってき兵めると、雑にそっぽを鬚れてしまうことがある。々及匯徭隼粁議寄吭頁才兆議雑燕秤抜光呟揖匯銀雑壼絡議雑弼匆謹嗤音揖.咀緩^軸宴頁心降阻議雑泌惚參枠秘岻需蝕兵恬鮫議三 ̄椎徭隼祥鮫音竃三議寔屎議胆阻。

  諒籾2済《駝酥( 據)戦議簡。

  1、寔挫亜      2、辛鮮亜     3、短嗤一隈亜     4、寔且繁

  基宛1

  盾裂此犬ぎて監被や俛被がび竃したのも、にはっとするぐらい胆しい燕秤をせてくれることがある。々才凪朔議旺双聞喘議叱倖仝も々頁盾籾議購囚。

  諒籾3済《駝酥( 曄)戦議簡。

  1、岑祇頁音挫議並秤            2、弌伉短嗤

  3、寔謹亜                 4、氏嗤宅?

  基宛3

  盾裂差惻鞘葎仝しかし、暴徭附、仝あいつは、ああいう笛なんだ。々とほんのわずかしか岑らないうちにめ原けてしまうことが々。廣吭宸戦議仝しかし々頁匯倖購囚簡燕幣凪念朔偃峰議並秤屎挫犒粥

  鹸楼編籾屈

  暴たちは、硬いものをてることがだと佚じてきた。議な伏き圭を恊嶷し、りを隔つことより、もっと宴旋なもの、楕のよいものを伏試塀の嶄に函り秘れつづけてきた......。麻された碧並をこなすために、いまで宥いつめ、送佩とされている捲を採業もい岷し、しいをすごすために、互堀祇揃をでばし、レストランに宥い、ビデオをて頂らしている。いらなくなったものは、ゴミとしてビニル期にめんだ社の念で竃しておけばそれでよい。匯、かそうにえる暴たちの頂らしだけれど、惚たしてそうなのだろうか。

  (峠勸倔〆畢爽尖襪鯒鵑瓩董志亶仟による)

  い 宀が匯桑冱いたいことは採か。

  1. ゴミはきちんとビニル期に秘れて社の念に竃しておけばよい

  2. 暴たちにとって議な伏き圭を恊嶷し、りを隔つことは寄俳だ

  3. 暴たちの頂らしはかにえるけれども、もっと婢しなければならない

  4. もっと宴旋なもの楕のよいものを伏試塀に函り秘れたほうがよい

  基宛2

  歌深咎猟

  厘断脅猥砺釘普虹症議祥頁序化。曳軟恊嶷拝徭裟啜嗤勧由議伏試圭塀写偬寡喘厚酔楯互丼楕議伏試侘塀...侃尖算麻撹扮寂議垢恬挫叱肝嶷択送佩議捲蔑葎阻業狛散赤扮高敬額壓互堀巷揃貧序竃架鋼心村餞業晩。音俶勣議叫廉輝撹征侍毘序本創期飯壓壇笥念祥佩阻。妲匯心厘断議伏試嘆貌載戟腹徽惚寔泌緩担。

  戻諒祭宀恷詼亀鎚琶加粥

  1 峪勣輝撹征侍廾秘本創期飯社社壇笥祥挫阻

  2 斤噐厘断栖傍嶷勣議頁恊嶷旺徭裟啜嗤勧由伏試議圭塀

  3 厘断議伏試心貧肇載戟腹匯協勣序匯化窟婢

  4 寡喘厚酔楯互丼楕議伏試庁塀曳熟挫